現金化の危険性

クレジットカード現金化を疑われた結果!なぜバレる?気をつけることと対策方法

クレジットカード現金化を疑われた

クレジットカード現金化自体は法律的に罰せられることがない行為。ですがカード会社が提示している利用規約には違反しているため、発覚しないように行う必要があります。

ただ、年々増える現金化利用対策にカード会社側も監視体制を強化しているため、ちょっとした油断で疑いの目が向けられてしまうこともあるのです。

なぜクレジットカード現金化が疑われるのか?その理由と万が一の時にはどう対処すればいいのかを把握しておき注意しながら利用していくようにしましょう。

クレジットカード現金化がなぜ疑われるのか仕組みを知ろう

現金化がなぜ疑われるのか仕組み

クレジットカード現金化を疑われる仕組みについて解説します。

不正利用検知システムで取り締まっている

不正利用検知システムで取り締まっている

まず知っておかなければならないのはクレジットカードがどのような場所で何を買うために利用されたのかという情報をすべてカード会社側が把握しているという点です。

第一の目的としては、カード保有者本人の意図しないところで不正にカード情報が悪用されてしまうことを防ぐということが挙げられますが、他にも規約に違反した利用がされていないかチェックもされています。

こうした使用状況を調べるシステムは自動化されていて、感知されると安全のためにカードの名義人への確認が必要になるのです。

一時的にカード利用をストップさせられる

カード利用をストップさせられる

これまでの利用状況とは異なる使われ方をした場合など、不正利用を防止するためにカードを停止する処置が取られます。

  • 間違いなく本人がカードを使用したのか
  • 自身で使用する目的以外にカードを使ったのではないか

これらのことを調べるためにカードを一時的に使えなくするのです。この手続きは事前連絡が行われません。

カード会社からメールや電話で連絡が来る

カード会社からメールや電話で連絡が来る

利用停止処置が行われた後カード会社から名義人宛てに連絡が来ます。

  • 疑いのあった利用状況は確かに本人が手続したものか
  • 何を目的にその商品を購入したのか

質問を受けますので、ここで問題がなければカードの利用制限が解除されて再利用が可能です。ただし、現金化を認めた場合には一括支払い、最悪強制退会の処置が取られる場合があります。

クレジットカード現金化を疑われたらどうしたらいい?ベストな対応とは

カード会社から来た連絡を無視しない

連絡を無視しない

後ろ暗いことがあるのでカード会社から電話が来たらできるだけ出たくない、そんな気持ちになる方も多いでしょう。

ですが確認が取れず嫌疑が晴れなければカード停止処置が解除されることはありませんし利用者にとっては不便なはずなのに解除手続きすら取ろうとしないとなれば、ますます規約違反行為を疑われることになります。

メールや電話でコンタクトを取りたいと連絡が来たら、早い段階で応じてください。この時点ではあくまで疑惑であり、まだ現金化が発覚したわけではありません。

現金化目的だと認めない

現金化目的だと認めない

カード会社が把握しているのはクレジットカードが使われていることだけで、利用の目的を知っているわけではありません。

逆にいえば、本人が現金化のために利用したと認めない限りはバレることはないのです。

何を聞かれても現金化を行っていないと堂々とした態度でいることが重要になります。

カードを利用した理由や商品の詳細を確認しておく

カードを利用した理由や商品の詳細を確認しておく

疑われた履歴に関して

  • どういった目的でクレジットカードを使ったのか
  • どういったものを購入して何に使ったのか

相応の理由を用意しておくと疑いが晴れやすくなります。

この辺りはカード会社側も詳細を質問してくるため、すぐに答えられるように準備をしておきましょう。

現金化行為以外の可能性も考慮

現金化行為以外の可能性も考慮

現金化が発覚しないようにと必死になってしまうカード会社からの確認の連絡ですが、それ以外の問題が原因でカードが利用停止になっている可能性も0ではないため、心当たりがないか状況を整理しておくことも大切です。

挙げられる例としては

  • 返済の遅延
  • 暗証番号を何度も入力ミスしてロックがかかった
  • 有効期限切れ

などが挙げられます。

自ら余計なことを口にしてしまわないように、用心をしておいてください。

クレジットカード現金化が疑われやすい人の特徴

次のような場合、クレジットカード現金化が疑われやすいです。

  • ①キャッシング枠を限度額いっぱい利用している
  • ②ブランド品や家電品ばかり購入している
  • ③支払いが遅れがち

①キャッシング枠を限度額いっぱい利用している

キャッシング枠を限度額いっぱい利用している

ショッピング枠とは別に設けられているキャッシング枠に関しても利用状況がチェックされています。

現金化の多くはこの枠も限度いっぱい利用し借り入れ手段を失った方が行うケースが多いからというのが理由です。

②ブランド品や家電品ばかり購入している

ブランド品や家電品ばかり購入している

転売目的のために換金性の高いブランド製品、最新の家電製品等を頻繁に購入している方も購入履歴から現金化利用が疑われやすくなります。

近年では金券類などはクレジットカードで購入できないようになっていますが、こうした高換金率で取り引きされる商品の購入には要注意です。

③支払いが遅れがち

支払いが遅れがち

返済日は1日でも遅れれば延滞・遅延扱いです。クレジットカードの場合には後日の連絡で大目に見てもらえるケースも多いものの、遅延を繰り返す人は日常的に金銭的に困った状況にあると判断され現金化のためのカード利用の可能性が疑われやすくなります。

心当たりのある方は、遅延後しばらくは現金化を行わないほうが賢明でしょう。

現金化を疑われないためのポイント

現金化を疑われないための対策とし次の2つのポイントをおさえておきましょう。

  • ① 一度に高額の現金化を試みない
  • ② キャッシュバック方式を採用している現金化業者を通す

① 一度に高額の現金化を試みない

 一度に高額の現金化を試みない

現金化発覚の失敗でよく見られる原因の1つがまとまった現金を用意したいと思い、普段はしない高額な買いものを大量に買ってしまうことです。

ショッピング枠限度額まで使って大量に数万、数十万円の商品を購入するなど、不自然なカード利用が最も疑われやすくなります。

ですから、決済を細分化して少額ずつの現金化を行うのが発覚しないコツの1つ。普段のカード利用状況を目立った変化を出さないように試みてください。

② キャッシュバック方式を採用している現金化業者を通す

キャッシュバック方式を採用している現金化業者を通す

現金化業者の中には購入した商品に対して現金をプレゼントするという形で現金化を行う、キャッシュバック方式で手続きできるところがあります。

このキャッシュバック方式だとカードに不自然な買いもの履歴が残らず、カード会社にも発覚しづらいというのがメリットです。

換金率は80%程度に抑えられるというデメリットもありますが、安全性を重視する方に適しています。

普段の利用状況といざという時の対処法を確認しておこう

普段から不自然なカード利用履歴が残らないように気をつけること、キャッシュバック方式で試みて発覚防止策を図ること。

万が一現金化が疑われたら、カード会社の連絡には堂々と応じて現金化利用を認めないことが大切です。

いざという時のために、しっかり対処法を頭に入れておきましょう。

» クレジットカードの現金化は違法?覚悟すべきリスク&逮捕されたケースとは