現金化の方法

「カードでお金」看板のお店は違法業者?お店で現金化する流れやリスクを解説

カードでお金の看板

カードでお金」の看板を初めて見たときにはその意味がよくわからなかったのではないでしょうか。

この記事では「カードでお金の看板のお店」について詳しく説明していきたいと思います。

  • 「カードでお金」の看板のお店とは?
  • 「カードでお金」のお店ではどんな仕組みで現金化しているのか?
  • 「カードでお金」のお店は違法性はないのか?
  • 「カードでお金」のお店で現金化するリスクはないのか?
  • 「カードでお金」のお店よりも安全に現金化する方法は?

このような疑問を解決していきます。

カードでお金」の看板のお店では何をしているのか、正体が分かります。

「カードでお金」の看板のお店とは?

「カードでお金」の看板のお店とは

よく街中で見かける「カードでお金」と書いてあるお店は「クレジットカードのショッピング枠を現金化してくれるお店」のことを指しています。

クレジットカードの現金化」と言うと「なんか怪しい!」と思う方も少なくないと思います。

自分のクレジットカードを勝手に使われて、知らないうちに引き落としなんてされてしまいそうです。しかし、クレジットカードの現金化とは、決してクレジットカード自体を販売するわけではありません。

ですから不正に利用されたりする可能性は無いのです。

クレジットカードは買い物をするためにショッピング枠が決まっていますが、このショッピング枠を使って換金率の良い商品を売買することで現金を手に入れる手法なのです。

最近では還元率をより高くするために、店舗を持たずにネットで運営している業者も増えています。

「カードでお金」のお店ではどうやって現金化するの?仕組みと流れ

「カードでお金」看板のお店で現金化する流れ

それでは具体的にここからは、カードでお金を作る仕組みや流れについて紹介していきたいと思います。

①希望額を伝えると商品を指定される

希望額を伝えると商品を指定される

まずはクレジットカード現金化業者に、現金化したいことを伝え、対象となる商品を教えてもらいます。

この時に希望額を伝えると、業者から「この商品を買ってください」と指定されるわけです。

②指定された商品をカードで購入する

指定された商品をカードで購入する

次に指定された商品を、クレジットカードのショッピング枠で購入します。

ただし購入する商品はあなたが欲しいと思った商品ではなく、業者に指定された商品であり換金率が高い商品になっています。

この商品は業者によって異なりますから、業者に連絡して指定された、売却する上で効率が良い商品を購入するというわけです。

③購入した商品をお店で買取してもらい現金を受け取る

購入した商品をお店で買取してもらい現金を受け取る

購入した商品を業者に買取をしてもらい、買い取ったお金があなたの手元に残る現金と言うわけです。

要するに、クレジットカードで買った商品を売却して現金を手にする手法のことであり、特別複雑なことをするわけではありません。

そもそも「カードでお金」のお店で現金化すると違法じゃないの?

「カードでお金」のお店で現金化すると違法じゃないの?

このやり方を見てみると、「これって違法じゃないの」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、結論から言ってしまえばこの手法は法的に違法ではありません。

クレジットカードのショッピング枠を現金化するためにカードを利用する事はカード会社の利用規約には反しますが、クレジットカードを使って商品を購入する事は正当な行為であり、買った商品をどのように利用しようが買った人の自由だからです。

仮に買った商品を売却したとしても法的には全く問題がないのはいうまでもありません。

またお店はリサイクルショップと同様に、中古品の買取をするお店ですから、古物営業法を守った営業をしていればこれも法的には一切問題がないのです。

「カードでお金」のお店で現金化する3つのリスク

このようにクレジットカードのショッピング枠を現金化する事は、法的には全く問題はありませんがリスクも伴います。そのリスクについて紹介していきたいと思います。

カード利用停止&一括返済を求められる

カード利用停止&一括返済を求められる

先ほども述べた通り、クレジットカードのショッピング枠を初めから現金化を目的として商品購入に利用する事はクレジットカードの利用規約に違反しています。

ですからこれがクレジットカード会社にばれてしまった場合には、クレジットカードの利用を停止されたり、最悪の場合には強制的に退会させられてしまう可能性もあるのです。

ですからオープンにやっていいわけではなく、あくまでも個人の責任の範囲内でこっそりと行う必要があるのです。

当然SNSなどにアップする事は絶対にやってはいけないことです。

換金率が低い!

換金率が低い!

クレジットカードの現金化は全体的に換金率が低く、大体その換金率は7割から8割程度と言われています。

クレジットカードの現金化は錬金術ではなく、将来の自分に対する借金になります。と言うことで、現金が欲しいからと言う理由だけでクレジットカードの現金化をすると、必ず損をしてしまうのです。

クレジットカードの現金化は換金率が低い手法であると言う事はしっかりと覚えておきましょう。

現金化するまでの手間がかかりすぎる

現金化するまでの手間がかかりすぎる

クレジットカードの現金化は、手間がかかります。

業者に連絡をして指定する商品をクレジットカードで決済し、それを売却しなければいけないからです。

普通にお金が欲しいのであればキャッシングを利用したり、銀行で融資を受ける方が手間がかからないかもしれません。気軽に行うことができるクレジットカードの現金化ですが、実際に自分がやらなければいけない事は意外と多いのです。

「カードでお金」をつくるベストな方法

それではここからは、できるだけクレジットカードでお金を作るために効率の良い方法について紹介していきたいと思います。

①ギフト券買取サイトを使う

ギフト券買取サイトでの方法

クレジットカードの現金化をするにあたり、ギフト券の買取サイトを利用すれば効率的です。

このサイトではAmazonギフト券をクレジットカードを使って購入し、そのまま売却をすることができます。

  • インターネット上だけで全ての手続きが済む
  • 換金率も高い
  • 最短で5分から10分程度で振り込みを行ってもらうことができる

Amazonのギフト券はギフト券番号があれば買取が可能であり、実際にものを購入してそれを買取業者に持っていくと言う手間を全て省くことができます。

同様にギフト券番号があるギフト券であれば、Amazonギフト券と同じような手法をとることができるのです。

②クレジットカード現金化専門サイトを使う

クレジットカード現金化専門サイトを使う

もう一つお勧めしたい方法は、クレジットカード現金化サイトで行う方法です。

インターネット上のクレジットカード現金化業者は主に「キャッシュバック方式」と言うシステムを導入しているため

  • わざわざ商品を購入する必要がありません。
  • カードの利用が止められると言う心配もありません。

といったメリットがあります。

クレジットカードを使って業者が指定する商品を購入、するとこちらが指定した口座に振り込みが行われ、後日購入した商品が指定した住所に届くと言うシステムになっています。

これなら本当に商品が手元に来ますから、クレジットカード会社に現金化をしたことがばれる心配もないのです。

ネット型クレジットカード現金化サイトおすすめ3社

ここではネット型クレジットカード現金化サイトを3つお勧めしていきたいと思います。

①あんしんクレジット

あんしんクレジットは今一番選ばれているクレジットカード現金化業者であり、利用者数、換金率、ユーザ満足度ともにナンバーワンを誇っています。

最短10分で申し込みから振り込みが完了し、土曜日、日曜日、祝日でも問題なく利用できます。また審査に置いて来店する必要がなく、リボ払いや分割払いも利用できると言うのがポイントです。

利用するのであればこのように利用者が多い業者を利用すると安心です。

②プライムウォレット

プライムウォレット

クレジットカードの現金化を考えるのであれば、プライムウォレットの利用も考えましょう。

プライムウォレットはLINEで申し込むことができるなど、特に若い人にとって気軽に利用できるような工夫がなされています。

またキャンペーンが実施されている時間帯であれば、換金率が5%もアップする特典もありますから、少しでも換金率を高くしたいと考えている人にとっては絶対にオススメの業者なのです。

③24キャッシュ

24キャッシュ

24キャッシュはまだ創業してから5年と若い業者です。しかし歴史が浅いからといって知名度がないわけではなく、特に利用した人からの口コミの高さが目立っています。

換金率の高さ、利用時間の自由度、振り込みまでの時間が短いと3拍子揃ったこの業者は、クレジットカードの現金化を考えている人にとって欠かすことのできない業者です。

専門のアドバイザーが親切に相談に乗ってくれると言うのがその評判の良さの理由の1つです。

まとめ

今回は「カードでお金」の

  • 仕組みややり方
  • 違法でないかどうか
  • 効率の良い方法
  • どの業者を利用するとよいのか

について詳しく紹介してきました。

もし現金がなくて困っていると言う場合には、カードで現金を手にする方法も検討してみると良いでしょう。

ただしやり方によっては還元率が悪くなってしまうこともありますから、今回紹介したことをしっかりと理解し、できるだけ有利な条件で行えるように努力することをお勧めします。