クレジットカードのショッピング枠を安全に現金化する業者を徹底調査!安心してり用できる高い換金率の優良現金化業者をランキング。カード現金化の仕組みやリスクなど役立つ情報満載!

現金化の方法

クレジットカードを自分で現金化をする5つの方法と注意点

更新日:

急いで現金が必要となった場合に審査不要かつ速やかに現金を得る方法として人気なのがクレジットカードの現金化です。

現金化は専門の業者を利用するのも良いのですが、より安全性が高く、スピーディーに現金を得るためのおすすめの手段が自分で現金化を行う方法となります。

自分で現金化を行うおすすめの方法を5つ挙げて具体的な手段を解説していきます。

クレジットカードを自分で現金化をするメリットとデメリット

自分でショッピング枠を現金化する一般的なやり方は、カードで買い物をして、購入したものを買い取ってもらう仕組みです。

カードで購入する商品はなんでもいいわけではありません。たとえば、スーパーで食品を買い物しても、それを買い取ってくれる人なんていません。

ブランド品や金券など換金率が高い商品を選ぶことと、買い取ってくれる専門業者があることが前提になってきます。

商品選び買い取り業者など、すべて自分で選ぶことになりますので全て自己判断、自己責任になります。

自分で現金化するメリット

自分で現金化する一番のメリットは還元率が高い。

後に説明する業者で現金化するよりも10%前後高い換金率で現金化することができるるので、
時間に余裕がある場合、換金率のやり方で現金化できる場合は自分でやった方がいいでしょう。

自分で現金化するデメリット

自分で現金化するためには、自分で商品を選んで購入し、自分で、高く買い取ってくれるショップを探さないといけないため手間がかかります。

換金率の高い商品などやお店の情報収集が面倒くさいという意見もあります。

また、商品を購入する時間と手間がかかるので即現金が欲しいという人にはおすすめできません

自分でクレジットカード現金化する5つの方法

自分で現金化する方法① ギフト券などの金券を購入して現金化

最も手っ取り早く換金率も高い方法としておすすめなのがギフト券や商品券を購入し、売却する方法です。

金券ショップで取り扱われている金券の種類はとても多く、換金率も様々ですが比較的高い換金率で売ることができます。

Amazonギフト券であれば公式サイト経由でクレジットカードを利用して購入できますし、売却手続きもamatenなどの個人の売買サイトを利用すれば自宅から一歩も出ずに現金化ができます。

電子マネーnanacoへのチャージに対応したクレジットカードを利用してnanacoにチャージを行い、そのnanacoを利用してコンビニで金券を購入する方法も比較的容易なので初心者におすすめです。

地域やお店の場所によって、高く買い取ってくれる種類にも少し違いがありますので、事前に換金率を調べてから金券を買いに行った方がいいでしょう。

しかし、ギフトカード(金券)をクレジットカードで購入することができなくなっているため、現金化の手法として使うことはとても難しいと思います。

+ 金券をクレジットカードで購入するリスク

換金する目的で購入されることが多い商品を買うことは、カード会社もとても警戒しているので、新幹線の回数券もカードで購入するときは気をつけなければいけません。

大量に購入したりすると、即刻カード利用停止、一括支払いというリスクがあります。

自分で現金化する方法② ブランド物やゲーム機などを購入し、転売するして現金化

金券の転売以上に手っ取り早く手軽にクレジットカードの現金化ができる手段としておすすめなのがブランド物やゲーム機などをクレジットカードで購入し、転売する方法です。

高級ブランドの腕時計や最新のゲーム機などは換金率が高いですし、希少価値の高いゲーム機や玩具などをうまく転売すれば買値以上の値段で売れることもあります。

手っ取り早く現金化したい場合には専門の買取店への持ち込みがおすすめですし、より高い換金率を狙うのであればネットオークションやフリマアプリなどを利用するのもおすすめです。

しかし、金券に比べて換金率が低くなります。実際のところ、高く売れるゲームやブランド品の情報も調べなければいけませんし、その商品を安く売っているお店を探す必要もあります。そして、その商品を高く買い取ってくれるお店も探さなければいけません。

金券のような購入しにくいということや、バレやすいという危険性はありませんが、換金率が悪いことと、面倒な手間がかかります。

すぐにお金が必要な人にはデメリットしかありません。

自分で現金化する方法③ ヤフーオークションを利用して現金化

やや手間がかかりますが、難しい作業は不要でなおかつ高い換金率が期待できるのがヤフーオークションを利用した現金化です。

具体的には換金率が高そうな家電など品物を落札し、代金の支払いはクレジットカード払いとします。そして落札した品物を自分のアカウントで出品することで、落札後には現金を得ることができます。

落札の際には希少価値の高い品物や需要の高い品物をよく見極めて落札することが重要です。

家電を現金化しようと考えている方は「家電を転売して高く現金化する方法と注意点」も参考に読んでください。

自分で現金化する方法④ バイルSuicaなど電子マネーを現金化

手間こそかかりますが、圧倒的に換金率が高い方法としておすすめなのがモバイルSuicaなどの電子マネーを利用した方法です。

電子マネーはスマホやプリペイドカードにチャージすることができ、プリペイドカードであれば換金が可能です。

おサイフケータイ機能があるスマホを保有している人しかできませんが、手数料などが不要で現金化ができるので、換金率にこだわる場合にはこの方法があります。

具体的なやり方ですが、クレジットカードを利用してモバイルSuicaにチャージを行い、Suica支払いに対応しているお店で買物を行います。

その後購入した品物の返品を申し出ることで現金で返金してもらえるのでモバイルSuicaで購入した品物の金額分をすべて現金で得ることができます。

電子マネーで購入した商品を返品し、現金を受け取る方法がありますが、返品の場合、100%換金されるのですが、やり方によってはブラックリスト入りするリスクもあります。

+ 有名な電子マネー

・Suica
・nanaco
・au WALLET
・楽天Edy

自分で現金化する方法⑤ 仮想通貨を利用して現金化

やや専門的な知識が必要になりますが、比較的安全性が高い手段が仮想通貨の利用です。

仮想通貨は実はクレジットカードでも購入ができるので、カードで購入した後取引所などを利用して現金に換金すれば手っ取り早くカードの現金化ができます。

ただしこの方法は仮想通貨の口座開設を行う必要もありますし、現金化までに時間がかかる上に手数料も発生するのである程度仮想通貨に対する専門的な知識を身に着けてから行うことをおすすめします。

 

以上、自分で現金化する方法でした。この通り、自分で現金化する場合は難しいわけではありませんが、やり方を間違ってしまうと、カード停止などのリスクがありますので十分に気をつけて行いましょう。

クレジットカードを自分で現金化した人の体験談

カード現金化はやらない方がいいよ

若いころにお金がなくてどうしようもなくなった時に、一回だけカード現金化のお店を利用したことがあったなあ。どういう仕組化わからずに利用してお金をもらったけど、今考えると本当に馬鹿なことをしたと思う。詳しくは覚えてないけど、1万5千円くらいの何かのチケットをカードで買って、お店に持ってったら1万3千円くらいで買い取ってくれるみたいなシステムだったと思う。その時は受付のお姉さんに「これだけ還元率が高い店はめずらしいですよ」と丁寧に、でも強引に説明されて実際にお金をもらうことができた。でも、冷静に考えればおかしいよね。支払が先になっただけで1万5千円の支払いは俺がしなきゃいけないのに、1万3千円しかもらえないって。還元も何も俺の金なのに。この時も1万5千円の請求が来た時に初めて気づいたよね、「あれ、損してる?」って。まあ、うまい話には裏があるじゃないけど、そんなに都合のいいことってやっぱりあるわけ無いし、いい勉強代になったかな。というわけで、カード現金化はやらない方がいいね。ただただ損するだけだし。

 

旅行のためにクレジットカード現金化

いつもの仲良しグループで偶々休みが重なり、旅行に行く話になりました。私は学生時代の友達の結婚式に出席した後で手持ちのお金がなく、全部カード払いするつもりでいたんです。そしたらグループの中の仕切りやってくれてる友達に、現金払いでかなり安くなるプラン見つけたらそこにしない?というラインが来て、私以外皆賛成。乗り気になっているところに水を指すことも出来ず、私もつい良いよ、楽しみにしてるなんて答えてしまいました。それからはどうやってお金を作るか必死に考えたのですが、結局クレジットカードしか頼るもののない私は、ショッピング枠で買い物をし現金化することにしました。現金化するために買ったのはハイブランドのバックや財布に、最新のゲーム機等。あるものに偏って購入すると売るために買ったと思われやすいとネットに書いてあったので、そこは気を付けました。還元率は80%くらいでしたが、とにかく旅行費分は集めることが出来たので良かったです。実際にやってみた感想ですが、正直本気で現金が必要なときには使える手だと思いました。

 

ちゃんとした業者なら大丈夫

計算を間違えてしまって、給料日前にカードの引き落しが来てしまうことが、ぎりぎりになって判明しました。これはもう、噂のクレジットカード現金化をするしかない、と言う状況になってしまったのです。幸いなことに、引き落としが来るカードとは別のカードを持っていたので、ネットで業者を調べて現金化をすることにしました。換金率もですが、安全性を考慮して業者を選んだ結果、連絡して指定された商品を購入後、すぐに入金があったのでホッとしました。調べた中では一番安全そうな業者を選んだのが良かったのか、何事もなく素早く入金があったわけです。それを銀行に振り込んで、事なきを得たのです。正直なところ、ビギナーズラックとでも言うのでしょうか、私の場合はちゃんとした業者だったのでトラブルもなく現金化が出来ました。しかし後になってみて、やはり怖くなりましたね。もしちゃんとした業者でなかったら、お金もある程度の個人情報も流れてしまうことになります。正直次からはこんな事にならないように、気を引き締めていきたいです。加えてこう安易に現金が手に入るというのを当たり前にするのも、ちょっと怖いというのが本音なのです。

最近、自分で現金化するのが難しくなった!?その理由とは

自分で現金化できる色んな方法をご紹介しましたが、現金化に使われてしまうような商品がクレジット決済できなくなってきてます。

ギフトカード(金券)はクレジットカードで購入できない。

最近は、ギフトカードなどの金券は基本的にクレジットカードでの購入ができなくなってきています。

場所や商品によって、一部購入できるところがありますが、ギフトカードをクレジットカードで購入することはとても難しくなってきています。

図書カードをクレジットカードで購入できない。

以前は図書カードも金券と同じように現金化の手法としてよく売り買いされていましたが、最近はクレジットカードで図書カードを購入することができなくなっています。

バスカードをクレジットカードで購入できない。

バスカードもクレジットカードで購入することがができないため現金化の手法としてはとても難しい、というか無理です。

QUOカードをクレジットカードで購入できない。

クオカードの公式ホームページにも説明がありますが、クレジットカード決済での販売は行っておりません。とのことです。

しかし、株式会社ジェーシービーが発行する「JCB-QUOカード」でしたら、JCBカードによるクレジットカード購入できるそうです。

クオカードの換金率は、金額によって異なり、金額の少ない500円券が一番換金率が高くなっているところが多いです。

全国百貨店共通商品券はクレジットカードで購入できない。

全国百貨店共通商品券は換金率がかなりと高いのですが、そもそも百貨店で商品券を買うときにクレジットカードで購入することはできません。

また商品券に関してはオンラインでも取り扱いがありませんでの全国百貨店共通券を現金化の手法として行うことは無理と言ってもいいでしょう。

自分で現金化する際、リスクを知ってからやりましょう。

現金化業者を利用する以外にも自分自身で様々な方法を用いて現金化ができることがおわかりいただけたかと思います。

クレジットカードの現金化は手っ取り早く現金化を得たい場合に便利な方法ですが、クレジットカード会社は現金化を認めていませんし、短期間に換金率の高いものを繰り返し購入するとカード会社に現金化がバレる可能性が高くなります。

もしも現金化がカードにバレてしまった場合には強制的に解約させられてしまい、その後カードを作ることができなくなってしまう恐れさえもあります。

クレジットカードに現金化にはリスクがあることをよく理解し、安易には行わないようにしましょう。

-現金化の方法

Copyright© 安全にクレジットカードを現金化する方法|口コミリサーチ優良店ナビ , 2018 All Rights Reserved.