クレジットカードのショッピング枠を安全に現金化する業者を徹底調査!安心してり用できる高い換金率の優良現金化業者をランキング。カード現金化の仕組みやリスクなど役立つ情報満載!

クレジット現金化の危険性と違法性について


インターネットで現金化業者のサイトや、口コミ掲示板にじっくり目を通して見ると、クレジットカードの現金化は「合法か違法か」について、色々な意見が数多く書き込まれております。

クレジットカードの現金化では、やってはいけない行為犯罪行為だと、はっきりと断言しているサイトなども、かなり存在しています。

反対にクレジットカードの現金化は、違法性などない安全に活用すれば問題ないだと言い切っているサイトなども、実在しております。

そもそもクレジットカードの現金化とは、カードにより、買って行く最中などに、利用するショッピング枠を、上手く現金化する方法によって、見事にお金へと変えて行く仕組みの事で、
クレジットカードで商品を購入し、その購入金額に対しての金額を、買い取り式やキャッシュバック方式で、現金を手に入れる流れになっています。

しかし、日本クレジットカード協会が定めている利用規約には、ショッピング枠をお金に換金する目的によって使う行為は絶対にやってはならない、と厳しく注意されています。

また、警視庁や弁護士会については違法性を指摘しており、『実質的な貸金業』すなわち貸金業法違反と認識しています。

そのため、ショッピング枠の現金化が発覚した際はクレジットカードの利用停止が発動されます。

利用を繰り返す方はクレジットカード会社にバレないと考えることがありますが、高額な商品をリボ払い購入することやギフト券の頻繁な購入は監視対象となります。

今では、ソフトウエアによる自動解析並びに監視が可能となっており、特にギフト券の頻繁な購入は要注意とされます。

もし、怪しいと認識された場合は個人信用情報機関への照会が行われ、貸金業法が適用される借入状況を把握される可能性もあり、結果として利用停止措置が行われる可能性があります。

そもそも業者自体、違法性は大丈夫なのか?


クレジットカード現金化と言うサービスでは顧客が所有しているクレジットカードのショッピング枠で商品を購入させその商品を買取する形で現金化しています。

審査不要、高還元率とサイトに掲載して営業していますがこのサービスの違法性が指摘されています。

事実上の貸金業者

警視庁はクレジットカード現金化業者を事実上の貸金業者と認めています。

クレジットカード現金化業者の中には逮捕された者も見られます。

クレジットカード現金化業者の殆どで貸金業者では無いとうたっていますので当然貸金業者として登録もしていないです。

貸金業者なのに無登録であればそれは違法な業者と言うことになります。

貸金業者には利息制限法で最大年20%までの金利と決められていますが、クレジットカード現金化業者は年利に直すとこれ以上の手数料を取っているので利息制限法から見ても違法です。

顧客は大丈夫か

クレジットカード現金化をご利用した顧客で特に逮捕された者は居ないと言われています。

しかしクレジットカードのショッピング枠で購入した商品の支払が終わるまで、その商品の所有権はカード会社にあります。

カード会社に所有権のある商品をクレジットカード現金化業者を介して転売してしまうと横領罪に当たる恐れがあるので注意が必要です。

 

クレジットカードの現金化は違法ではないがバレた時のリスクは大きい

クレジットカードの現金化は、一見法律に触れるようですが違法には当て嵌まりません。
しかし、クレジットカードの現金化する仕組みが、ほぼグレーゾーンで、カード会社の規約違反である事には、間違いありません。

クレジットカードの現金化が、どうして、法律に引っ掛かる事なく、合法なサービスとして多くの方が利用しているかと言うと、現金化そのものは貸し金業としてでしか取り扱われていない為、上手く取り締まる術などが一切存在しない現状があるからなんです。

クレジットカードの現金化を、何とか違法に持って行こうとしてでも、これとは別に、法を全く犯していない、正しい行為などにも忽ち影響を及ぼし兼ねない為、上手く対処出来ていないようです。

クレジットカードの現金化とは、明らかグレーゾーンに当たる行為でもあるので、近いうちに、法的にも違法行為としてきちんと制定されて、厳しく取り締まれるのは、ほぼ確実だとも言えます。

いまでこそクレジットカードの現金化は、急にお金が必要な時の最終手段として利用されていますが、
バレた時のリスクは大きいのです。

現金化がクレジットカード会社側にバレてしまうと、カードは直ぐに停止され、 利用料金の一括返済を強く要求されたり、強制的に退会させられてしまいます。

利用停止よりも問題なことは、個人信用情報機関へ強制解約の情報が残ること

クレジットカードの利用停止については、ただ使えなくなるといった問題だけではありません。

実は、利用停止の多くは強制解約となり、個人信用情報機関にその事実が残ります。

そして、情報の保管期限は発生日から5年間となり、その期間は新規契約が高い確率で難しくなります。

そもそも、支払遅延といった事よりも、強制解約といった事実は非常に重く、信用情報は大きく損なわれます。

実際のところは、クレジットカード会社が詐欺にあったような状況にあり、損失金額に対する賠償請求を受ける可能性もあります。

また、自己破産をする結果に至った場合は、免責不可事由に該当するものであり、非常に重い情報となってしまいます。

 

現金化の危険性


クレジットカードの現金化には一体どのような危険性が潜んでいるのでしょうか?

クレジットを現金化する事により、必ず起こって来てしまう、3パターンもの危険性について説明させて頂きます。

①一括で返済しなくてはならない

クレジットカードの現金化が発覚する事で、今までに利用した金額を、全て一括返済するようにと、契約しているクレジットカード会社から、強く迫られてしまう。

②カードを強制解約

クレジットカードを現金化した事実が、契約先のクレジットカード業者へと、バレてしまう事により、カードそのものを強制解約させられてしまう

クレジットカード現金化のご利用は殆どのカード会社の利用規約で禁止となっています。

もしご利用が判明するとカードの利用停止または会員資格の停止となるリスクがあります。

再度クレジットカードを作成しようとしても同じカード会社では審査で落とされる可能性が高いです。

最悪のケースではカード会社から賠償請求が来る可能性もあります。

現金化業者でなくてもご自身で換金性の高い商品を大量に購入しますと、利用停止または会員資格の停止となる可能性があります。

③債務整理ができない

債務整理自体が、一切出来なくなってしまう。

クレジットカード現金化をご利用する人は消費者金融からも借りられない状態であることが多いです。

切羽詰まってクレジットカード現金化に手を出すわけですが、その後に支払いが困難になり自己破産しようとしてもできないです。

それはクレジットカード現金化のご利用は自己破産の免責不許可事由に該当するからです。

免責不許可事由に該当していても裁判官の裁量によって認められることはあります。

しかし悪質なケースの場合は認めて貰えることは少ないです。

自己破産が不可能にになってしまう?

※これらのアクシデントの中でも最も深刻な事態である債務管理では、自己破産が出来なくなってしまうという思わぬ落とし穴があります。

クレジットカード現金化のご利用は悪質と判断されることが多いので自己破産は実質できないのです。

例え幾ら借金に苦しめられたとしてでも、最後の頼みの綱である、自己破産と言う形の法的手段が、一切利用出来なくなってしまうのです。

クレジットカードは品物を購入する際に、クレジットカード会社に一時的に料金の支払を利用してもらうことのできるサービスとなっていますが、世の中にはクレジットカード現金化を斡旋している業者もアリますが、クレジットカード現金化の問題点や注意点はたくさんあるのです。

クレジット現金化は完全に合法と思っている方へ

クレジットカード現金化とは現金を手に入れることを目的としてクレジットカードのショッピング枠を使って買物をすることをいいます。

具体的にはクレジットカードを使って売却を前提にある商品を購入し、業者に購入した商品を買い取ってもらって現金を手に入れることをいいまが
クレジットカード会社はクレジットカード現金化を認めておらず、こういった行為は契約違反行為になり、現金化のためにしようしたクレジットカードは、先ほども書いたように利用停止などのリスクがあります。

 

クレジットカード現金化 TOP

カード払いで購入できる新幹線チケットを現金化すると危険なのか

2017/6/26  

一般的に「現金化」と言われる場合にその方法の選択肢上位に挙がってくるものの中に「新幹線のチケット」があります。 方法は至って単純でみどりの窓口などで新幹線のチケットを購入してそれを業者に持っていき買い ...

商品券や新幹線の回数券をクレジットカードで購入できるお店はあるのか?

2017/6/26  

自分で現金化する方法として、クレジットカードで何かしら購入し、その購入した商品を売って現金化するやり方がありますが、商品によっては高く売れるものと、安い金額でしか買い取ってもらえない商品があります。 ...

Copyright© 安全にクレジットカードを現金化する方法|口コミリサーチ優良店ナビ , 2018 All Rights Reserved.