生活に負担になるカードローンの減らし方について、丁寧に説明していきます。どのくらい減るかの確認方法はもちろん、効果的な2つの方法について詳しく解説。返済額を増やせる生活費の見直し方も紹介するので、返済に悩んでいる方はぜひ読んでください。

現金化の方法

現金化がバレて借金が返せない?バレずにカードローン返済額を減らす方法まとめ

更新日:

現金化の借金を減らしたい

お金がどうしても必要な時、クレジットカードの現金化は便利です。周囲に知られることなくお金を用意できるため、困った時に頼ってしまう方は多いでしょう。

しかし、後で重くのしかかってくるのが、カードローンの返済です。延滞してしまえば連絡がくるので、結局家族にバレてしまいます。

では、カードローンが支払えなくなったら、どうすれば良いのでしょうか?返済額を減らす方法について、1つずつチェックしていきます。

自分の借金が減らせるかどうかを確認

毎月しっかり支払いを行っても借金が減らないケースは少なくありません。原因がわからなければ対処はできない…。

減らせる借金」と「減らせない借金」を判断するのは素人では不可能です。自分で対策を行うのは、ほとんど無理と言って良いでしょう。

そんな時は法律相談Cafeを利用すれば、借金がどれだけ減るのかがわかります。Web上から気軽に利用できるので、まずは試してみてください。

借金相談cafeを使うメリット&デメリット

借金相談cafe

借金相談cafeを使う最大のメリットは、無料の診断ツールが使えることです。

通常なら弁護士への相談は料金が発生しますが、借金相談cafeなら完全無料。しかも個人情報は必要がなく完全に匿名なのでバレる心配はありません。

簡単な情報を入力するだけで、減らせる金額をチェックできます。メールに返信すれば、そのまま弁護士・司法書士に依頼することもできますよ。

ただし、実際に依頼するならお金がかかりますし、弁護士・司法書士事務所は選べません。地方だと小さな事務所に回されてしまうかも…。とりあえずいくら借金が減らせるのか結果を見てじっくり考えてから、利用するか決めましょう。

借金減らす方法①弁護士に相談する

カードローン会社へ依頼すれば、「月々の返済額変更」「支払い期限の延長」といった対応を行って貰える可能性はあります。ただし、金額が大きい場合は焼け石に水なので、返済が楽にはなりません。

カードローンを返済できる目処が立たないのであれば、まずは弁護士に相談してみましょう。

弁護士に依頼する最大のメリットは自力だと難しい法的な手続きで対処ができる所です。

「大幅な返済額の減額」「返済期間の長期延長」など、カードローンの支払いがかなり楽になりますよ。

借金がどのくらい減るかは、借りている金額や弁護士の交渉力で左右するので一概には言えませんが、なかには数百万円の減額がきるケースもあるのでまずは相談から始めましょう。

相談を行って依頼をしたら、弁護士がローン会社と代理で交渉を行います。手続きを行って問題が解決すれば、報酬を支払う手順です。

また、弁護士に依頼すれば、借金の催促が止まります。弁護士を通さなければ連絡ができなくなるので、電話・FAXや郵便物はストップします。

家族に隠れて返済ができるので、精神的な負担が軽くなりますよ。

デメリット

もちろん弁護士に依頼をすれば「相談料」「着手金」「報酬金」などの弁護士費用が発生します。

着手金は2万円~4万円ほどが一般的で、報酬金は減額した金額の10%が相場です。その他に色々な費用がかかるので、返済額とあまり変わらなくなるケースもゼロではありません。

東京ミネルヴァ法律事務所アディーレ法律事務所など無料で相談できるサービスや事務所は多いため、どのくらい減額できるか予めチェックできます。

どこに依頼するかによっても違うので、事前に情報収集をしておきましょう。

また、解決方法によっては、信用情報に傷がつくことも…。

「債務整理」や「任意整理」を行えば、いわゆるブラックリストに登録されてしまいます。様々な金融機関で共有されており、5年以上はそのままです。

その間はローンやクレジットカードの審査は通りません。

借金減らす方法② 債務整理のやり方を解説

いざと言う時の選択肢として有効なのが債務整理です。債務整理といえば自己破産を思い浮かべる方は多いと思いますが、その種類は様々です。

  • 任意整理…利息をカットして分割払い
  • 個人再生…借金を大きく減額して分割払いを行う
  • 自己破産…財産の換価処分して借金をなくす

かなり専門的な法律の知識が必要なので、債務整理を自力で行うのはとても困難です。手続きや資料集めなど自分で行わなければならないため、弁護士や司法書士に頼みましょう。

債務整理と自己破産のメリットとデメリット。あなたはどちらを選ぶ?

裁判所を通さない任意整理なら比較的に簡単ですが、素人では交渉はまともに行えません。

まずは、無料で相談できる弁護士事務所やサイトを利用すること。どのような方法で債務整理を行うべきか、ハッキリさせておきましょう。

クレジットカード現金化なら、返済額が200万円以下の方がほとんどでしょう。任意整理が一般的ですし、その他の方法はあくまでも最終手段です。

カード会社はクレジットカードを現金化目的で使用することを認めていません。

そのため「任意整理」や「個人再生」は可能ですが、自己破産は「免責不許可事由」に該当します。悪質性が高く反省が認められなければ、自己破産は行なえません。

「任意整理」なら取引履歴明細書を取り寄せて、カードローン会社と交渉するだけ。返済額を計算が終われば、返済額が減っています。弁護士に依頼を行えば、やることはほとんどありません。

ただし、口座に残高があるとそのまま凍結されてしまうので、お金は全て下ろしておきましょう。給料の振込や電話代の引き落としで使っている場合は、すぐに口座を変更してください。

任意整理を行ってもまだ返済額が多いなら、「個人再生」を行います。裁判申立のために、必要書類を揃えなければなりません。弁護士と相談しながら用意しても、準備に数ヶ月かかります。

個人再生委員と面接をしたら、「再生計画案」を立てて裁判所に提出。債務者と交渉を行って、返済額を決定します。期間は4~6ヶ月ほどかかると考えてください。

毎月の支出を減らして返済額に回す

家賃が安い物件に引っ越す

毎月支払う家賃が少なくなったら、カードローンの支払いも楽になるでしょう。たとえば、たった1ヶ月の家賃が1万円安くなるだけでも、12万を返済に使えます。

2万なら24万円、3万なら36万円です。ちょっと条件を悪くするだけでも、安い物件は見つかります。

引っ越しにお金はかかりますが、他の手段よりも支出を減らせます。自分で運ぶなどの工夫をすれば引っ越し費用も、ある程度は抑えることが可能です。もちろん、引っ越し費用を捻出するのが難しいならNGですが、長期の返済を考えるなら選択肢の一つでしょう。

また、家賃の交渉は今住んでいる家でもできます。まずは、周辺の家賃相場をチェック。同じアパートやマンションでも家賃は変動するので、高く支払っている可能性があります。

周囲に比べて不当に高いようなら、家賃を下げてもらえるチャンスです。

スマホプランの見直し

スマホや携帯電話には色々なプランがあります。安いプランに変えるだけでも、かなりの節約になるでしょう。

データ通信量を下手したし、家族とデータプランを分け合ったり。電話や販売代理店で相談してみれば、安いプランを教えて貰えます。家族全員分を見直せば、大幅に支出を減らせるかもしれません。

また、一般的なキャリアのスマホを使っているなら、格安スマホがおすすめです。

価格.com - 格安スマホ - 端末・料金プランを徹底比較

通信速度はあまり良くありませんが、1ヶ月で2,000円~4,000円くらいの支出が減ります。仮に月に3,000円だとしても、1年なら36,000円です。

タバコやお酒を控える

タバコやお酒を嗜む方なら、控えるだけでもお金を捻出できます。もちろん、完全に辞めることが理想ですが、なかなかやめられない方は多いでしょう。まずは減らすことから初めてみてください。

「本数に明確な制限を決める」「休肝日を設ける」でもOK。いくら節約できたのか記録すれば、モチベーションも維持できます。健康にも良いので、一石二鳥と言っても良いでしょう。

また、どうしてもタバコや辞められない人には、電子タバコを試してみてください。

中には高価な商品もありますが、安価な値段で購入できる電子タバコは沢山あります。タバコを1本吸う料金と比べて、安いかどうか比べてみましょう。コスパが良い商品を選べば、浮いたお金をカードローンの返済に回せます。

カードローンの支払いは減らせる

「弁護士への相談」「債務整理」など、カードローンの支払いを減らす手段は沢山あります。

方法や金額によっては、大幅に返済額を減らせる可能性だってあるでしょう。

減らない返済額をそのまま返し続けても、苦しむばかりです。お金は無駄になってしまいますし、精神的なストレスを抱えるだけ。

1人で悩み続けても意味はないので、減らす方法を理解することから初めてください。借金を把握して正しい方法で対処すれば、返済は怖くありません。

-現金化の方法

Copyright© クレジットカード現金化で安全な業者・危険な業者|口コミリサーチ優良店ナビ , 2019 All Rights Reserved.