クレジットカードのショッピング枠を安全に現金化する業者を徹底調査!安心してり用できる高い換金率の優良現金化業者をランキング。カード現金化の仕組みやリスクなど役立つ情報満載!

【クレジットカード現金化】カードのショッピング枠を安全に換金する方法(現金化の仕組み)!現金化サイト口コミランキング


クレジットカードショッピング枠の現金化について聞いたことがある人も多いでしょう。

急にお金が必要になった時に、クレジットカードのショッピング枠を現金に変える方法で、法律的には問題ありませんが、換金目的でショッピング枠の利用を停止とする規定があるので注意が必要です。

しかし、場合によってはすぐにお金が必要な状況になった場合に必要とされているサービスであるのは確かです。

現金化する方法は「自分でやる方法」、「業者でやる方法」と二種類ありますが、どちらにもメリット・デメリットがあります。

結論からいうと、自分で現金化をする場合、還元率を高く現金化できるメリットがありますが、やり方によっては、クレジットカードの利用が停止されるリスクがあります。

クレジットカード現金化業者を使う場合、利用停止などのリスクは低いのですが還元率が低いデメリットがあります。

当サイトではクレジットカードに関する危険性や、現金化の様々な方法、悪質業者の手口、安全な優良現金化業者の紹介について詳しく調べましたので、すべての項目を確認したうえで、自分にあった方法を選んでみてはいかがでしょうか。

目次

クレジットカード現金化 優良店ランキング

キャッシュライン

キャッシュライン
  • ご入金まで最短5分!
  • 申し込みフォームがシンプル!
  • 高い換金率!
  • 24時間受付
店舗名 キャッシュライン
営業時間 9:00~20:00
年中無休(申し込みは24時間対応)
住所 東京都調布市本町1丁目12-2
公式サイト http://www.cash-line.jp/

おひさまクレジット

おひさまクレジット
  • 換金率は業界でもトップレベル!
  • 急ぎの方、初めての方でも簡単申し込み
  • はじめてでも簡単な手続きでOK
店舗名 おひさまクレジット
営業時間 電話受付9:00~19:00
住所 東京都品川区北品川1丁目9番7号
公式サイト http://ohisamacredit.com/

あんしんクレジット

  • 365日、24時間振り込み対応可能
  • ネット、電話だけで現金化!最短5分
  • 一括・分割・リボ払い選択可
  • 24時間受付
店舗名 あんしんクレジット
営業時間 9:00〜20:00
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-5-4階
公式サイト

クレジットカードの現金化とは

クレジットカードの現金化とは、カードのショッピング枠を現金化することを言い、そのやり方は法律的には違法行為ではありません。

しかし、クレジットカード会社の利用規約の「換金を目的としたショッピング枠の利用を禁止」という事項に触れるため、現金化が発覚した場合は、即刻カードの利用停止・強制退会・残債の一括請求をカード会社が行えるため注意が必要です。

詳しくはクレジットカードの現金化が利用停止になるのは何故?

しかし、カードで買い物をして、その商品が不要になった場合に現金で売った、というような自然な流れで現金が手に入ることもあります。

私も過去に、ネットで購入したものに不具合があり、返品したら口座に現金が振り込まれました。

何も意図して商品を購入したわけでないのですが結果的に、クレジットカードのショッピング枠が現金になったということもあります。

このように「換金を目的とした利用」というのが非常にあいまいなため、換金を目的としているかどうかはカード会社の判断になります。

カード会社は、購入した商品について調ることはしないですが、換金目的で購入される、新幹線の回数券など、換金性の高い商品の購入は一切認めません。

他にも還元率の高い金券やブランド品の購入も、場合によっては目がつけられていますので注意が必要です。

しかし、ショッピング枠現金化は消費者金融などの金融サービスと違い、職業や年収などの個人情報を伝える必要が無いと言うところのメリットは大きいでしょう。

クレジットカード現金化の問題

クレジットカードのショッピング枠を現金化する場合、だいたいがお金に困っている状況の方ですので、結局は借金を増やすだけになると考えられています。

お金に困っている場合、目先のお金を手に入れることができれば、返済のことはどうでもいいという考えの方が多いのでしょう。

ですから、カード会社が換金目的の使用に目を光らせているのは、現金化した方の支払いの延滞などにあるようです。

現金化をする場合、月々の支払額を確認し、返済も負担がないか計画通りに支払うことができるか確認してから、クレジットカード現金化を利用してください。

返済方法については、次のページにまとめています。

クレジットカード現金化をご利用した時の返済先は

本当に安全?クレジット現金化の危険性と違法性について


インターネットで現金化業者のサイトや、口コミ掲示板にじっくり目を通して見ると、クレジットカードの現金化は「合法か違法か」について、色々な意見が数多く書き込まれております。

クレジットカードの現金化では、やってはいけない行為犯罪行為だと、はっきりと断言しているサイトなども、かなり存在しています。

反対にクレジットカードの現金化は、違法性などない安全に活用すれば問題ないだと言い切っているサイトなども、実在しております。

そもそもクレジットカードの現金化とは、カードにより、買って行く最中などに、利用するショッピング枠を、上手く現金化する方法によって、見事にお金へと変えて行く仕組みの事で、
クレジットカードで商品を購入し、その購入金額に対しての金額を、買い取り式やキャッシュバック方式で、現金を手に入れる流れになっています。

しかし、クレジットカード業者が定めている利用規約には、ショッピング枠をお金に換金する目的によって使う行為は絶対にやってはならない、と厳しく注意されています。

クレジットカードの現金化は違法ではないがバレた時のリスクは大きい

クレジットカードの現金化は、一見法律に触れるようですが違法には当て嵌まりません。
しかし、クレジットカードの現金化する仕組みが、ほぼグレーゾーンで、カード会社の規約違反である事には、間違いありません。

クレジットカードの現金化が、どうして、法律に引っ掛かる事なく、合法なサービスとして多くの方が利用しているかと言うと、現金化そのものは貸し金業としてでしか取り扱われていない為、上手く取り締まる術などが一切存在しない現状があるからなんです。

クレジットカードの現金化を、何とか違法に持って行こうとしてでも、これとは別に、法を全く犯していない、正しい行為などにも忽ち影響を及ぼし兼ねない為、上手く対処出来ていないようです。

クレジットカードの現金化とは、明らかグレーゾーンに当たる行為でもあるので、近いうちに、法的にも違法行為としてきちんと制定されて、厳しく取り締まれるのは、ほぼ確実だとも言えます。

いまでこそクレジットカードの現金化は、急にお金が必要な時の最終手段として利用されていますが、
バレた時のリスクは大きいのです。

現金化がクレジットカード会社側にバレてしまうと、カードは直ぐに停止され、 利用料金の一括返済を強く要求されたり、強制的に退会させられてしまいます。

クレジットカード現金化業者の違法性


クレジットカード現金化と言うサービスでは顧客が所有しているクレジットカードのショッピング枠で商品を購入させその商品を買取する形で現金化しています。

審査不要、高還元率とサイトに掲載して営業していますがこのサービスの違法性が指摘されています。

事実上の貸金業者

警視庁はクレジットカード現金化業者を事実上の貸金業者と認めています。

クレジットカード現金化業者の中には逮捕された者も見られます。

クレジットカード現金化業者の殆どで貸金業者では無いとうたっていますので当然貸金業者として登録もしていないです。

貸金業者なのに無登録であればそれは違法な業者と言うことになります。

貸金業者には利息制限法で最大年20%までの金利と決められていますが、クレジットカード現金化業者は年利に直すとこれ以上の手数料を取っているので利息制限法から見ても違法です。

顧客は大丈夫か

クレジットカード現金化をご利用した顧客で特に逮捕された者は居ないと言われています。

しかしクレジットカードのショッピング枠で購入した商品の支払が終わるまで、その商品の所有権はカード会社にあります。

カード会社に所有権のある商品をクレジットカード現金化業者を介して転売してしまうと横領罪に当たる恐れがあるので注意が必要です。

クレジットカードの現金化の危険性とは?


クレジットカードの現金化には一体どのような危険性が潜んでいるのでしょうか?

クレジットを現金化する事により、必ず起こって来てしまう、3パターンもの危険性について説明させて頂きます。

現金化の危険性その1 一括返済

クレジットカードの現金化が発覚する事で、今までに利用した金額を、全て一括返済するようにと、契約しているクレジットカード会社から、強く迫られてしまう。

現金化の危険性その2 カードを強制解約

クレジットカードを現金化した事実が、契約先のクレジットカード業者へと、バレてしまう事により、カードそのものを強制解約させられてしまう

クレジットカード現金化のご利用は殆どのカード会社の利用規約で禁止となっています。

もしご利用が判明するとカードの利用停止または会員資格の停止となるリスクがあります。

再度クレジットカードを作成しようとしても同じカード会社では審査で落とされる可能性が高いです。

最悪のケースではカード会社から賠償請求が来る可能性もあります。

現金化業者でなくてもご自身で換金性の高い商品を大量に購入しますと、利用停止または会員資格の停止となる可能性があります。

現金化の危険性その3 債務整理ができない

債務整理自体が、一切出来なくなってしまう。

クレジットカード現金化をご利用する人は消費者金融からも借りられない状態であることが多いです。

切羽詰まってクレジットカード現金化に手を出すわけですが、その後に支払いが困難になり自己破産しようとしてもできないです。

それはクレジットカード現金化のご利用は自己破産の免責不許可事由に該当するからです。

免責不許可事由に該当していても裁判官の裁量によって認められることはあります。

しかし悪質なケースの場合は認めて貰えることは少ないです。

自己破産が不可能にになってしまう!?

※これらのアクシデントの中でも最も深刻な事態である債務管理では、自己破産が出来なくなってしまうという思わぬ落とし穴があります。

クレジットカード現金化のご利用は悪質と判断されることが多いので自己破産は実質できないのです。

例え幾ら借金に苦しめられたとしてでも、最後の頼みの綱である、自己破産と言う形の法的手段が、一切利用出来なくなってしまうのです。

クレジットカードは品物を購入する際に、クレジットカード会社に一時的に料金の支払を利用してもらうことのできるサービスとなっていますが、世の中にはクレジットカード現金化を斡旋している業者もアリますが、クレジットカード現金化の問題点や注意点はたくさんあるのです。

クレジット現金化は完全に合法と思っている方へ

クレジットカード現金化とは現金を手に入れることを目的としてクレジットカードのショッピング枠を使って買物をすることをいいます。

具体的にはクレジットカードを使って売却を前提にある商品を購入し、業者に購入した商品を買い取ってもらって現金を手に入れることをいいまが
クレジットカード会社はクレジットカード現金化を認めておらず、こういった行為は契約違反行為になり、現金化のためにしようしたクレジットカードは、先ほども書いたように利用停止などのリスクがあります。

現金化がとても危ない理由とは?

クレジットカード現金化に関するトラブルは数多く報告されている

「独立行政法人国民生活センター」にはクレジットカード現金化関連のトラブルが多数報告されていますし、消費者庁でも注意が呼びかけられています。

多額の金銭的な被害を受けてしまった人もいるので、クレジットカード現金化は絶対に利用しないことをおすすめします。

犯罪に遭ってしまう危険性がある

クレジットカードの現金化を使用するのであれば、自らの運転免許証やカード本体の画像などを必ず要求されてしまいます。

これらの重要な個人情報などを簡単に提示してしまう事で、知らない内にクレジットカードを悪用されたり犯罪の被害へといつの間にやら巻き込まれてしまうリスクが非常に高くなってしまいます。

公安委員会が正式に認定している、クレジットカードを現金化する会社の中では、古物商の認定業者などと、問題なく認められていたりします。

クレジットカードの現金化自体が、安心して利用する事が出来る、魅力的なシステムとして、大袈裟に宣伝しているケースがあるので、決して鵜呑みにしないように、充分に注意しておいて下さい。

詐欺の被害遭ってしまう危険性がある

悪質なクレジットカード現金化業者を利用してしまうと、事前に確認していた還元率で計算した金額よりも少ないお金しか口座に振り込んでくれません。

例として、利用した料金の内の9割を絶対に口座へと振り込むと言っていたとします。

しかし、現金化や振り込み手数料などのよく解らない名目などによって、お金を上手に徴収されてしまう為、実質的には、60%程度しか結局振り込んで貰えません。

悪徳現金化業者に騙されない!悪質な手口と見破る方法でも詳しく書いてますが、それら以外にもいろいろな危険性が潜む現金化
お金が必要なときにすがる思いで手を出してしまいますが、簡単に業者を選んでしまったら危険です。

安心できる安全なクレジット現金化業者を選ぶように気をつけましょう。

自分で安全に現金化をする方法と注意点

自分で現金化する場合は難しいわけではありませんが、やり方を間違ってしまうと、カード停止などのリスクがありますので十分に気をつけて行いましょう。

自分で現金化をする場合は買い取り方式

自分でショッピング枠を現金化する一般的なやり方は、カードで買い物をして、購入したものを買い取ってもらう仕組みです。

カードで購入する商品はなんでもいいわけではありません。

たとえば、スーパーで食品を買い物しても、それを買い取ってくれる人なんていません。

ですからブランド品や金券など換金率が高い商品を選ぶこと、買い取ってくれる専門業者選びが重要になってきます。

商品選び買い取り業者など、すべて自分で選ぶことになりますので全て自己判断、自己責任になります。

自分で現金化するメリット

自分で現金化する一番のメリットは還元率が高い。

後に説明する業者で現金化するよりも10%前後高い換金率で現金化することができるるので、
時間に余裕がある場合、換金率のやり方で現金化できる場合は自分でやった方がいいでしょう。

自分で現金化するデメリット

自分で現金化するためには、自分で商品を選んで購入し、自分で、高く買い取ってくれるショップを探さないといけないため手間がかかります。

換金率の高い商品などやお店の情報収集が面倒くさいという意見もあります。

また、商品を購入する時間と手間がかかるので即現金が欲しいという人にはおすすめできません

業者で安全に現金化する方法と注意点

クレジットカードの現金化では買い取り方式キャッシュバック方式の2種類の取引方式があり、クレジットカード現金化業者によって異なります。

買い取り方式では通販サイトなどで通常通り、クレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入して貰っています。

その商品を買取すると言う形で現金を渡しています。

それに対して、キャッシュバック方式では指定商品を購入して貰っており、その特典として購入金額から還元率分をキャッシュバックすると言う形で現金を渡しています。

買い取り方式では家電製品やブランド物と言った品物が多いですが、キャッシュバック方式ではクレジットカード現金化業者のオリジナル商品であり価値があるのか分からないような品物が多いです。

買い取り方式は購入した商品は送り返すことが必要ですが、キャッシュバック方式は受け取したまま送り返すことは不要です。

しかしキャッシュバック方式で受け取りした品物は特に欲しい物では無いですし、手元にあっても不要になることが多いです。

キャッシュバック方式の仕組み

現金化業者が指定した商品を購入し、その後、購入した商品のキャッシュバックとして銀行口座に振込みをするという流れで、ネットの業者に多い仕組みです。

①業者が指定する商品を購入

②キャッシュバックと称してあなたの口座に振り込む

※ネットでクレジットカード決済で買い物したこと同じのなで、請求はクレジット会社からになりますので、誰にもバレずに現金化できるという仕組みです。

買い取り方式の仕組み

買い取り方式とは、現金化業者が指定した商品を購入し、その後、業者がその商品を買い戻すという流れで、店舗の業者に多い仕組みです。
(買い戻し方式とも言われています。

①業者が指定する商品を購入

②商品を買い戻しあなたの手元に現金が入る

※こちらも同じように、クレジットカードで購入したものを現金で売るという流れになるので、キャッシュバック方式と同じように請求はカード会社からになります。

業者で現金化するメリット

業者で現金化するメリットは、電話やネットからの申し込みで簡単に現金化することができます。

業者を利用する時には審査の必要はありません。
カードの持ち主の本人確認ができて、ショッピング利用枠で買い物ができれば問題はありません。

自分で現金化することと比べると手間もかかりませんし、銀行の営業時間内であえれば、すぐに現金が振り込まれます。
※業者によって異なる

業者で現金化するデメリット

業者で現金化する場合、自分で現金化するよりも換金率低くなります。
※換金率の相場は80%~95%です。

また、業者の中には、換金率がかなり低かったり、詐欺目的で運営している悪徳業者もあったりします。

商品を購入したのに現金が振り込みされないという手口が有名ですが、他にもいろいろな現金化業者の詐欺があるので気をつけましょう。

カード現金化の申し込みの流れと気をつけること

昨今ではクレジットカードの現金化は店舗型よりインターネット申し込みができる非店舗型が主流です。

しかし、だからこそ手続きの際にいくつか確認しておかなければならない点があります。
手続き時に重宝する写メに関しても同様です。

そこで、利用時の流れと注意事項をご説明しようと思います。

昨今ではクレジットカードの現金化は店舗型よりインターネット申し込みができる非店舗型が主流です。

しかし、だからこそ手続きの際にいくつか確認しておかなければならない点があります。
手続き時に重宝する写メに関しても同様です。

そこで、利用時の流れと注意事項をご説明しようと思います。

インターネットからの申し込みと写メの使いかた

取り引きしたい業者をパソコンや携帯電話から探し、申し込みフォームに必要事項を入力して送ります。
その後折り返し電話連絡が来てショッピング枠を使って指定された商品の購入、その後キャッシュバックや購入した商品を買い取る形で現金が振り込まれる仕組みです。
借り入れとは異なるので審査は必要ありませんが、使用するクレジットカードが本人のものであるか確認するための身分証明を必ず行わなければなりません。

対面ではないため身分証提示が直接できないので、代わりに身分証明書を写メに写して添付送信することになります。

現金化で必要なもの

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 年金手帳
  • 学生証
  • 公共料金の請求書

などが身分証明書として認められる書類に該当しますが、業者が指定するものを指示に従った写しかたで撮り送るようにしてください。

写真を送付する際に気をつけたいこと

インターネット上からの申し込みには必要不可欠な写メの添付送信ですが、気をつけたいのが個人情報の取り扱いです。
必要書類だからと要求を鵜呑みにしないよう、最低限現金化に必要となる情報のみを提示するように注意してください。
写メで送る書類はあくまでも「本人確認に関するもの」です。

  • クレジットカードは裏表に関わらず絶対に写メを写して送らないこと
  • 身分証明書にマイナンバーなどが書かれている場合は必ず隠してから写メを写すこと
  • 本籍地などの必要のない情報は隠しても問題ない

現金化の際にはクレジットカードに関する情報は一切必要ありません。
情報が漏れると不正使用の危険性がありますので写メを要求された時点で取り引きは中止しましょう。

クレジット現金化は優良業者も多いのですが、個人情報を悪用しようとする詐欺まがいの悪徳業者も残念ながら存在しています。
だからこそ写メで簡単に取り引きできる個人情報を慎重に扱わなければなりません。

事前に業者に関する評判を調べて信用できると判断した業者とだけ、情報をやり取りするようにしてください。

土日・年末年始も営業!即日対応の現金化業者一覧

業者 最大還元率 換金率 土日営業
キャッシュライン 99% 83%~98%
あんしんクレジット 97% 88%~97%
ゴールドラッシュ 98.80% 83%~98%
ひまわりギフト 96% 84%~96%
トータルサポート 94% 87%~94%
サンライフギフト 95% 88%~95%
ライフパートナー 98% 88%~98%
セーフティーサポート 94% 86%~94%
スマイルギフト 94% 87%~94%
ファミリークレジット 96% 88%~96%
安心くん 98% 88%~98%
換金堂 95% 88%~95%
サポートギフト 92% 83%~92%
新生堂 現金化 94% 87%~94%
たんぽぽギフト 97% 80%保証
パートナーギフト 97% 85%~97%
生活ギフト 92% 83%~92%

自分で安全に現金化する時の商品選び

自分で現金化できる色んな方法をご紹介していきます。

金券ショップで換金するのは安全?

クレジットカードを現金化する手法として、金券ショップで金券を現金に換金する人は非常に多いと思います。

金券ショップで取り扱われている金券の種類はとても多く、換金率も様々ですが比較的高い換金率で売ることができます。

地域やお店の場所によって、高く買い取ってくれる種類にも少し違いがありますので、事前に換金率を調べてから金券を買いに行った方がいいでしょう。

しかし、ギフトカード(金券)をクレジットカードで購入することができなくなっているため、現金化の手法として使うことはとても難しいと思います。

ギフトカード(金券)はクレジットカードで購入できる?

最近は、ギフトカードなどの金券は基本的にクレジットカードでの購入ができなくなってきています。

場所や商品によって、一部購入できるところがありますが、ギフトカードをクレジットカードで購入することはとても難しくなってきています。

図書カードをクレジットカードで購入できる?

以前は図書カードも金券と同じように現金化の手法としてよく売り買いされていましたが、最近はクレジットカードで図書カードを購入することができなくなっています。

バスカードをクレジットカードで購入できる?

バスカードもクレジットカードで購入することがができないため現金化の手法としてはとても難しい、というか無理です。

QUOカードをクレジットカードで購入できる?

クオカードの公式ホームページにも説明がありますが、クレジットカード決済での販売は行っておりません。
とのことです。

しかし、株式会社ジェーシービーが発行する「JCB-QUOカード」でしたら、JCBカードによるクレジットカード購入できるそうです。

クオカードの換金率は、金額によって異なり、金額の少ない500円券が一番換金率が高くなっているところが多いです。

全国百貨店共通商品券はクレジットカードで購入できる?

全国百貨店共通商品券は換金率がかなりと高いのですが、そもそも百貨店で商品券を買うときにクレジットカードで購入することはできません。
また商品券に関してはオンラインでも取り扱いがありませんでの全国百貨店共通券を現金化の手法として行うことは無理と言ってもいいでしょう。

金券をクレジットカードで購入するリスク

換金する目的で購入されることが多い商品を買うことは、カード会社もとても警戒しているので、新幹線の回数券もカードで購入するときは気をつけなければいけません。
大量に購入したりすると、即刻カード利用停止、一括支払いというリスクがあります。

電子マネーを現金化する方法

電子マネーとは?

電子マネーとは、予めチャージしたカードやスマホなどで支払いをすることができる電子のお金のことを言います。

引用:電子マネーとは

電子マネーはスマホやプリペイドカードにチャージすることができ、プリペイドカードであれば換金が可能です。

クレジット決済で電子マネーにチャージし、商品を購入し、購入した商品を買い取ってもらう買い取り方式が一般的ですが、もうひとつ、電子マネーで購入した商品を返品し、現金を受け取る方法があります。

返品の場合、100%換金されるのですが、やり方によってはブラックリスト入りするリスクもあります。

これが一般的な電子マネーを現金化する仕組みになります。

ただし現金化の払い戻しが厳しかったり、面倒な手続きが必要な場合もあります。

有名な電子マネーをあげると
・Suica
・nanaco
・au WALLET
・楽天Edy
があります。

それぞれ少し特徴が異なりますので、詳しくはそれぞれのページにて現金化の流れを説明しています。

転売して現金化する方法

ゲームやブランド品、大型家電などを買取をしてくれる業者があります。

しかし、金券に比べて換金率が低くなるのでおススメはできません。

この場合、高く売れるゲームやブランド品の情報も調べなければいけませんし、その商品を安く売っているお店を探す必要もあります。
そして、その商品を高く買い取ってくれるお店も探さなければいけません。

金券のような購入しにくいということや、バレやすいという危険性はありませんが、換金率が悪いことと、面倒な手間がかかります。

すぐにお金が必要な人にはデメリットしかありません。

家電を現金化しようと考えている方は「家電を転売して高く現金化する方法と注意点」も参考に読んでください。

安心してクレジットカード現金化できる安全な業者の選び方

クレジットカード現金化の業者には、安心して現金化できる優良現金化業者と、換金率が低い悪質な業者、振り込みもしない悪質な現金化業者など様々あります。

悪質な業者は摘発されても、次々に名前を変えて営業しています。

お金が必要な時に悪質な業者を選んでしまっては元も子もありません。

そこで、悪質な業者の特徴をまとめてみました。

あらゆる個人情報を聞いてくる業者は安心できない

悪質なクレジットカード現金化業者の手口として、クレジットカードの番号、セキュリティコード、勤務先や家族構成などの情報を聞いてくる業者もあります。

悪徳業者の狙いは、お金に困っている人のデータを集めて、他の金融業者へ情報を流し、電話やダイレクトメールで高い利子でお金を融資させようとしているのです。

優良な現金化業者は、ショッピングに必要な情報以外は聞いてきません。
最低でも申込に必要な情報だけを要求します。

長年の実績がある現金化業者は安全

あんしんクレジットのような長く営業している業者というのはそれだけ信頼できる証。
社会的にも信頼できる会社と考えられます。

反対に悪徳業者はオープンしたばかり、実績がない、といったことが言えます。

ですから、カード現金化業者を選ぶときは、設立からの年数はひとつの判断基準になると言えます。

設立から何年営業しているのかを前もって確認し、安全に利用できる信頼度の高い業者を選ぶとよいでしょう。

キャンセルできる業者を選が安全!

優良として評価されている現金化業者は、利用者がキャンセルしたい場合にもしっかりとした対応をします。
優良現金化業者の場合はほとんど、キャンセル料はかかりません。

しかし、悪質な業者は、逆にキャンセル料を請求してきます。

問い合わせ中にもかかわらず、不審に思ってキャンセルを要求した場合にも、キャンセル料を請求してくる業者もありますので気をつけましょう。

基本的に優良業者はキャンセルに関しては無料で応じてくれます。

業者の住所をチェック!

優良現金化業者は、公式ページにしっかりと所在地を記載してあります。

しかし、悪徳の業者の場合、住所は書いてあるけれど、その場所がレンタルスペースや架空の住所を掲載するところもあります。

まず住所の記載があるかないかをチェックし、住所の記載があったらgoogleマップをつかって本当にお店があるのか、事前に確認することで、詐欺や悪質なトラブル、犯罪から身を守ることができると思います。

クレジットカードを使って現金化をして後悔することはないのか?

これまで説明してきた通り、クレジットカードを使った現金化は、意外と敷居が低いことから誰でも簡単に現金化ができます。

簡単に現金化ができることから、あまり考えずに現金化をしてしまうと後になって後悔することもあります。

それでは、現金化してからどういうことで後悔するのかをお伝えしていきます。

安全な業者を選ばないと換金率が悪かったと後悔することがある

クレジットカードの現金化で最も多い後悔が、換金率が悪かったことです。

すぐに現金を手にすることでその場ではうれしいものの、後から支払いをしないといけなくなります。

たとえば、5万円の現金を手にしても、後から10万円を支払わないといけないことだって起こります。

とんでもなく換金率が悪いと、その場しのぎとはいえ何のために現金化をしているのか分からなくなってしまいます。

現金化をして後悔しないためにも、換金率がどれ位なのかを把握することが大切になります。

借金が膨らんでしまった

クレジットカードの現金化をする理由の一つに、他にも借金があるからその返済に充てたいという理由があります。

現金化をすることで他の借金を返済ができるかもしれん。

しかし、それは自転車操業の状態になっていることに違いはありません。

他の借金と合わして、さらにクレジットカードの借金が増えてしまった訳ですので、長い目で見たらどうしても苦しくなりますので後悔します。

クレジットカードが利用停止になった

クレジットカードで商品券などの金券を買っていると利用停止になることがあります。

カード会社は現金化をすることを認めていませんので、換金性の高い商品を買っているといつ利用停止になるのか分かりません。

クレジットカードが利用停止になってしまうと、ネットショッピングで利用できなくなることや、高速道路のETCでも利用できなくなります。

そう考えると普段の生活でかなり不便になることは間違いありません。

欲を出して金券を買っていると、クレジットカードが利用停止になって後悔することになります。

現金化するのは簡単ですが、使い方を間違ってしまうと取り返しのつかないほど後悔してしまいます。

しっかり返済プランを考えてから利用しましょう。

クレジットカードを現金化した後の支払い方法で、分割払いはできるのか?

クレジットカードを使って現金化するのはいいのですが、気になるのは後から請求がきたときの支払方法になりますよね。

現金を手にしたものの一括払いで払わないといけないとなると支払いがしんどくなりますので、できれば分割で支払いをしたいと考えていることが多いのではないでしょうか。

それでは、気になる支払方法について説明していくことにします。

分割払いに対応しているのか確認

クレジットカードで決済してからの支払い方法では、分割払いを選択すれば分割で支払いをすることができます。

分割払いに対応しているのか確認するためには、業者のホームページ上で確認することができます。

他には支払方法を決めるフォーム内で確認することができます。

不安になったり分からない場合は、事前に問い合わせをして確認してみましょう。

リボ払いに変更する

分割払いに対応していない業者もあります。

換金率が高かったり、業者の対応が良さそうだと思えば分割払いに対応していなくても利用したくなりますよね。

そんなときはリボ払いで支払いをすれば大丈夫です。

リボ払いは分割払いに近い支払い方法になります。

分割払いでしたら、回数を指定して毎月支払う金額が決まっていくのですが、それに対しリボ払いは金額を指定して毎月支払いをする方法になります。

たとえば、毎月1万円と手数料という形に変更することができます。

つまり、毎月決まった金額での支払いができるのがリボ払いになります。

ここからが重要ですが、リボ払いへの変更は現金化の業者は関係なく、クレジットカード会社とのやり取りで変更します。

クレジットカード会社のマイページ内からリボ払いに支払いを変更することが可能ですので、一括払いでしか支払いができない業者と取引きをしても、後からクレジットカード会社を通してリボ払いに変更することが可能です。

ですので、分割払いに対応していない業者と取引きをするのでしたら、リボ払いに変更することで実質的に分割で支払うことができます。

クレジットカードの現金化が利用停止になるのは何故?

クレジットカードの現金化は、『銀行系カードローンや消費者金融系カードローンの契約までは不要』または『抵抗がある』という人が利用することがあります。

確かに、手数料は88~98%と10~20万円程度の借入をカードローンを契約するよりもオトクな面があります。

そもそも、カードローンの多くは金利が14~15%となる場合が多く、クレジットカードの現金化をした方がお得といえます。

クレジットカードのショッピング枠現金化は規約違反!利用停止の可能性も

利用停止されたら

実は、クレジットカード会社や日本クレジットカード協会はショッピング枠の現金化については、利用規約違反としております。

また、警視庁や弁護士会については違法性を指摘しており、『実質的な貸金業』すなわち貸金業法違反と認識しています。

そのため、ショッピング枠の現金化が発覚した際はクレジットカードの利用停止が発動されます。

利用を繰り返す方はクレジットカード会社にバレないと考えることがありますが、高額な商品をリボ払い購入することやギフト券の頻繁な購入は監視対象となります。

今では、ソフトウエアによる自動解析並びに監視が可能となっており、特にギフト券の頻繁な購入は要注意とされます。

もし、怪しいと認識された場合は個人信用情報機関への照会が行われ、貸金業法が適用される借入状況を把握される可能性もあり、結果として利用停止措置が行われる可能性があります。

利用停止よりも問題なことは、個人信用情報機関へ強制解約の情報が残ること

クレジットカードの利用停止については、ただ使えなくなるといった問題だけではありません。

実は、利用停止の多くは強制解約となり、個人信用情報機関にその事実が残ります。

そして、情報の保管期限は発生日から5年間となり、その期間は新規契約が高い確率で難しくなります。

そもそも、支払遅延といった事よりも、強制解約といった事実は非常に重く、信用情報は大きく損なわれます。

実際のところは、クレジットカード会社が詐欺にあったような状況にあり、損失金額に対する賠償請求を受ける可能性もあります。

また、自己破産をする結果に至った場合は、免責不可事由に該当するものであり、非常に重い情報となってしまいます。

来店型のクレジットカード現金化業者を利用するメリットとデメリット

ネットと電話のみで申し込みができる非店舗型と比較するとやや迅速性にはかけてしまうイメージがありますが、生活圏内に現金化業者の店舗がある場合にはその欠点は充分にカバーできますし、使い勝手は必ずしも悪いわけではありません。

それだけではなく手軽さを感じるからこそあえて店舗型を利用しているというかたも少なくないくらいです。

そんな店舗を構えるクレジットカード現金化業者のメリットについてご紹介します。

通いやすいところに店舗が多い

昨今ではネットでの取り引きがメジャーな現金化ですが、注意しながら街を歩いていると現金化を取り扱っている業者の看板を意外と目にします。
金融機関が集まっている駅前や交通量の多い道沿いに店舗があることが多いので、利用を考えた際の利便性は決して悪くありません。

また、店舗自体に怖いイメージを持っているかたが多いのですが、金券ショップやリサイクルショップと併設されていることがほとんどでそれほどハードルは高くないのも特徴です。

もちろん怪しげな業者はありますが、事前にインターネットなどで調べて知名度の高い、長年営業を続けている大手業者を利用する分には問題ないと言えます。

顔が見える相手と取引ができる安心感

店舗型の一番のメリットは、対面で手続きを行うことができるという点です。
窓口で現金化に関する説明を聞き、サービス内容を把握しながら納得した金額で現金に換えることができます。

何よりもその場ですぐに現金を手にできることから、手続き後にきちんと口座にお金が振り込まれるかと心配する必要はありませんし、24時間営業でない点は不便ではありますが、銀行が休みの土日祝日でも数十分の手続きで現金化したお金を手にできるところは便利です。

トラブルが万が一発生してもすぐにその場で店員に確認を取ることができますから、何もできずに泣き寝入りしたという事態にはならずに済みます。

換金率自体は非店舗型とそれほど大きな違いはありませんが、対面で交渉できる分融通を利かせてもらいやすいというのも来店型の現金化のメリットの一つです。

いずれの形態にしてもまずは優良業者か否か確かめ、納得した形で換金できるように慎重に判断し、好みやライフスタイルに合わせて使い分けるようにしてください。

現金化する方法のまとめ

ひとことで現金化といっても、自分でやったり、業者を使ったり、いろいろな方法があります。

それぞれのメリット・デメリットを知って、返済プラン、自身の状況にあった現金化を選択しましょう。

現金化は違法、危険!合法、安全など現金化につい分からない点がいっぱいあったと思いますが、クレジットカードの現金化は間違いなく多くの方に利用されているサービスです。

現金化で損しないためにも、利用する前にこのサイトの情報を見て、多くの方に役立てればいいなと思います。

クレジットカード現金化サイト優良店ランキング

おひさまクレジット

おひさまクレジット
  • 最大換金率96%
  • 24時間即日サービス対応
  • 親切で丁寧な接客が口コミで話題に

キャッシュライン

キャッシュライン
  • 最高換金率98.8%
  • 高い換金率とスピード対応
  • 強引な営業一切なし

あんしんクレジット

あんしんクレジット
  • 他社より1%でも高く換金!
  • スタッフ対応が良い
  • スピーディな振り込み

更新日:

クレジットカード現金化サイトTOP

Copyright© 安全にクレジットカードを現金化する方法|口コミリサーチ優良店ナビ , 2017 All Rights Reserved.